--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月13日 (木) | Edit |
先週から、ゆうきとげんきが交互に発熱

父ちゃんと、交代で仕事をやすみつつ、ようやく今日で

おさまったか。

女子は強いのか、まおは全く風邪をひきません。

かれこれ、いつから風邪ひいてないのか。

今も、1年生からの皆勤賞継続中です。

で、休み中。ゆうきがあんまりべったりくっつくので、これは

何かをしようとしても無理なので、たまった録画でもみるかと

思い立ち。

2013年8月17日(土)に放送された、

『緒方貞子 戦争が終わらない この世界で』を見ました。

戦争というテーマからいろんな角度で見る人がいると思いますが、

やはり、緒方貞子さんといえば、日本の女性で活躍された第一人者。

そういう視点で見させていただきました。

放送の中で印象に残ったこと・・・

国連の難民高等弁務官を務められてたときについて

「決めること。それがリーダーの私の仕事」

「大切なのは規律を守り行動することではない。
 何のために何をするか」

学生時代、学校のマザーが話したことば

「結婚なんて、一度してしまえばずっと結婚していられるのです。

戦後のこの日本であなたたち女性が今から活躍するのです。

大切なのは、勉強すること。とにかく学ぶこと。

結婚のことばかり考える女子になってはいけません。」

(記憶で書いているので、少々表現は違うかもしれません)

結婚なんて、しなくていいと言っていないところが、非常にバランス

がよく、かつ、強い言葉だと感じました。

緒方貞子さんについては、女性という立場で国際社会で活躍された

ということは知っていても、彼女の生い立ち等詳しいことは

知りませんでした。

短い時間の放送でしたが、曽祖父は、首相 犬養毅で、外交官の父をもつ

環境に生まれ育ったことも影響するでしょうが、その中で、国際政治学を

学んできた中から、誰に教わるでもないリーダーシップや人間性が磨かれた

のかもしれません。

緒方貞子さんになんて、なかなか及びませんが、結婚し、子供をうみ、そして

活躍されるその姿に、勇気づけられました。
スポンサーサイト
2013年01月26日 (土) | Edit |
通勤電車の中、ある自閉症児のお父さんのブログで紹介されて

いた本です。


写真記録 この子らと生きて―近藤益雄と知的障がい児の生活教育写真記録 この子らと生きて―近藤益雄と知的障がい児の生活教育
(2009/06)
城台 巖

商品詳細を見る


以下、そのパパさんのブログから・・・・


昭和25年、長崎県の田平小学校の校長先生をされていた、
近藤益雄先生。知的障がいの子どもたちのための特殊学
級の必要性を感じておられました。そして、口石小学校
にやっと特殊学級が設置されるや、さっそく校長をやめ
て自らその学級の担任を申し出られました。


そうして、できた「みどり組」。他県からも噂を聞いて
入級希望があったり、みどり組の親が転職して行くさき
にはちえおくれの子たちを受け入れてくれる学級がなかっ
たり・・
当時、長崎県にはまだ精神薄弱児施設はひとつもなかった・・
そんな、親と離れて暮らさざるをえなくなった「みどり組」
のこどもたちをあずかり、ともに生活するためにと、古い校舎
に手を入れてできたのが「のぎく寮」です。


この本は、その「のぎく寮」での生活を綴った、詩と写真集です。

「えほん」
えほんを ひらいて
これは うま   これは ぞう   これは きりん と
おさない まごは
はっきり はなせるのに
この子には
ことばが ない
しずかに わらいながら
さるのえだけに
おさるさん と
ちいさなこえで
くりかえし くりかえし いった 


 


「はるは まだあさく 」
はるあさい よるの さむさに
こんな おさない子が
ぬいだ服を まくらもとに きちんと たたみ
そして
ねどこに はいるのである
いつのまにか
こんな しぐさが できるように なったのか
はるは まだあさく こんなに さむくても
中ゆびが いっぽん かけている手の
この おさない子が
その手で
きちんと きれいに たたむのである




「わたしの めをさして」
わたしのめを さして
これなあに と とえば
おじちゃん と いう
わたしのみみを さして
これなあに と とえば
おじちゃん と いう
わたしのくちを おさえて
これなあに と とうても
やっぱり おじちゃん と いう
そして
ふと
ちいさな こえで
おじちゃん すきよ と
いった
ああ
わたしは しあわせ



電車の中で、思わずほろりと涙してしまいました。

この本自体は、まだ、読んだことはありませんが、

時間を見つけて読んでみたいなと思いました。

人って素敵だな~

ゆうきもこんな先生に出会えるといいな~

こんなほんわか、あたたかい環境をつくってあげたい

な~

と感じるものでした。
2012年03月10日 (土) | Edit |
ようやく退院!

退院できたのもうれしいが、やっぱりゆうきに

あえたのがうれしい!!

かあちゃんがいなくてもとってもいいこだったらしい。

でも、かあちゃんをみた瞬間号泣でした。

20120304 (7)
20120304 (13)
20120304 (20)
2012年02月13日 (月) | Edit |
今日の午前中は、父ちゃん、まお、ゆうきが青春ランナーズの練習会

のため不在。

お布団しいて、まったりテレビみながら過ごしました。

うふふ。

のんびりできた。

で、午後。

みんな帰ってくるし、3時から、まおの近所のお友達も遊びに

くる予定なので、さ~て着替えよっと。

と、お布団片づけ、パジャマを着替え。

ん?

なんだか咳もだいぶとまって、肋骨の痛みも弱まったぞ!!

いい感じ~ルンルン!!

と、思ったそのとき。

ゴホンゴホンと咳をしたそのときでした。

「ぽき!」

え??????

いま、ポキっていったよね????!!!!

はい、肋骨がポキっていいました。

痛い(泣)

これは、絶対おれたと思いました。

次第に痛みはましていき・・・・。

呼吸しても、痛い・・・。

やばい・・・・。

風邪の症状はほとんどおさまったのに(泣)

でも、まっすぐたっている分には大丈夫みたい。

痛みがおさまりますように・・・・。

さらに、一難さったら、また一難・・・・・。
2011年10月16日 (日) | Edit |
この3冊を今週はよみました。







なんだか、とってもすがすがしい一週間となりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。