--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月07日 (金) | Edit |
12月5日は、まおの小学校でマラソン大会がありました。

小学校1年生から6年生まで。

小学校1年生から走るなんてすごいですよね。

想像以上にみんな力強く走っていました。

朝9時スタートだったので、午前中は仕事を休んで応援へ。

なんだか仕事でバタバタして疲れた毎日だったのですが、

朝から子供たちの頑張りをみてパワーがでてきました。

今回は、各学年の女子、男子のグループにわかれて競ってい

ました。

ちょっと上の学年も見学しよと見ていたら。

小学校3年生の女子のグループ。

最近、ゆうきの就学のことも考えてよく、特別支援級も授業

参観で覗いた入りするんですが、そのクラスの女の子が

先生と一緒にゆっくり走っていました。

マラソンは校庭から学校の外にでてまた校庭にもどるコースなので

すが、その女の子が最後、校庭にはいっていて、のこり1周を走る

ときです。

5、6人くらいの女の子が自然に伴走を始めたんです。

多分、その女の子は想像ですが、アスペルガーか何かで、たぶん情緒

クラスなんですね。それをわかってだと思うんですが、その伴走を

している女の子たちは、声援をかけるわけでもなく、ただ、一緒に

走るだけなんです。

「あ~、声かけないんだ~」と思うっているうちに、ゴール。

ゴールしたあとも、その女の子たちは、その子に声をかけるわけでも

なく、自然に自分たちの席へ走って戻っていました。

すごく、自然で、ほっこりしてしまいました。

あ~、いい小学校だな~と。

ゆうきも、こんな環境でみまもられながら小学校生活をおくれたら

いいな~と感じた瞬間でした。

ちなみに、まおは、約820mを走り、14位でした。

さて、今後が楽しみです。
スポンサーサイト
2012年04月12日 (木) | Edit |
まおに今日質問してみました。

「今日うれしかったことを5ついってみて?」

えっとね~

1 新しい友達ができたこと

2 お友達と話をしたこと

3 学校が楽しかったこと

4 勉強が楽しかったこと

5 学童の自由時間が楽しかったこと

と、うれしそうに答えていました。

似たようなことがいくつか重なっているように

思うけど(笑)、私も小学校いってみたくなりました。

まお、明日もうれしいことたくさんあるといいね!
2012年04月10日 (火) | Edit |
とうとう、まおの小学校の入学式。

ゆうきは保育園に行きましたが、実家からきている

じぃじ、ばぁば、しゅうちゃん、わたし、そしてげんき

が参加しました。

最初に玄関でのクラス発表。その後教室へ移動。

保育園で、比較的仲のよい子と同じクラスだったので一安心。

その後、式典。

在校生の、国歌斉唱と、校歌斉唱のすばらしさに感心して

しまいました。

その後、各クラスの役員ぎめ。

今年は、げんきもうまれて、ばたばたするので、遠慮させて

もらいました。

最後にクラスにもどって、先生の挨拶と、配布物の確認。

黄色い帽子や、教科書に大興奮のまおでした。

学校って、ほんとわくわくしますよね。

私のほうが、学校に通いたくなってしまいました。

明日から、まおのまた、あたらしい人生がはじまると思うと

こちらまでドキドキしてしまいます。

2011年11月13日 (日) | Edit |
先週、木曜日は小学校の入学前健康診断でした。

あ~、ほんともうそろそろだな~と。

職場や、保育園のママさんにきいたら、ランドセルはもう

購入済または注文済みの方がほとんどで(汗)

みなさん、はやいんですね。

で、こちらもさっそく、いなかのじぃじとばぁばに電話。

好きなのを決めたら、プレゼントしてくれるということ

なので(ヤッター!!)、今週末は、ランドセル散策へ。

当初、「6年生になったとき恥ずかしくないように、

ピンクではなくて赤のランドセル!」と話していたまおですが、

いざ、お店にいってみると、なんと・・・・

「この黒がいい!」と。

父ちゃんも、まおにとっても似合っていると、黒をおすすめ

なので、結局、いくつか回った結果、黒に決定しました。

「黒」というと、男の子という感じですが、ピンクの線や

ハートの刺繍が入っていてとってもおしゃれです。

わりと大人っぽいまおにはぴったりかもね。

DSC_0149.jpg

DSC_0147.jpg
2011年10月22日 (土) | Edit |
この二日間、仕事で終電。

帰宅は、1時すぎ。

職場でも、妊婦の私を心配して

「早く帰ってくださいよ」と声はかけてもらえるものの。

やはり、どうしても終えなければならない、終えたい

仕事があって。

父ちゃんにわがままいって、二日も仕事に没頭させていただき

ました。

そのかいあって、自分なりに、まあまあの出来栄え。

ちょっとした自己満足です。

でも、赤ちゃんのために、無理はしてはだめですね。

で、この二日間、まおが本当にいいこだったようで。

母ちゃんがいると甘えるんですが、いない日はせっせと父ちゃんの

お手伝い。

6歳にして、素敵な娘です。

で、本日、保育園から、ゆうきかぜのため、お迎え以来の電話。

ちょっと、まだ雑務が残っていたので、父ちゃんにお願いしました。

父ちゃんが、保育園にいったら、ゆうきの担任の先生が

「赤ちゃん、男の子だったんですね。おめでとうございます。

まおちゃんが、報告してくれました。

でね、まおちゃんが、私にいうんです。

「先生ね、まお、本当は女の子がよかったの。でも、ゆうきの

ことを考えると、父ちゃんも、母ちゃんも年をとって力なくなっちゃ

うしね、ゆうきも重くなるし、ゆうきを運んでもらったり、いろいろ

してもらうには、やっぱり男の子のほうが力があるし。

だからね、まお、男の子でよかったな~と思って。

だから、男の子でも、まお、ちゃんと面倒みてあげるんだ」

と話してたのよ。しっかりしてるよね~」

って。

まおさん、あなたは6歳にして、なんてすごいの!!

まあ、内容は、私と父ちゃんが、落ち込むまおを励ます時に

いった言葉だけど、それにしても。

まおは、まおなりに、いろいろ葛藤して、納得して成長してるん

だなって。

まおさん、きっと、つらいことも、苦しいこともたくさんあると

思うけど、それを乗り越えて、素敵な女性に、お母さんになって

ね。

まおには、それができると確信した日でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。