--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月28日 (日) | Edit |
我が家に新しい家族が増えました!

チワワでオスのrun(ラン)です!

今年8月21日生まれなので、生後3か月です。
20101127-1_convert_20101127225949.jpg

20101127-2_convert_20101127230146.jpg


出会いは、今日の午前中。

ゆうきは、いつもの耳鼻科へ受診。

この耳鼻科、とっても人気があるので、とっても

混雑してるんです。

なので、いつもゆうきが受診のときは、父ちゃんと

まおは、近くのペットショップで待機。

まおは、最近犬が大好きなので、1時間でも2時間でも

ペットショップで過ごすことができます。

で、今日、いつもどおり、父ちゃんとまおは、ペットショップ。

母ちゃんとゆうきは、耳鼻科。

受診がおわって、父ちゃんに終了したよ~ってメールすると・・・

「チワワなら犬かってもいいかな~」なんてメール。

以前から、柴犬がすきで、チワワには興味ないなんていってたのに

今日はどうしたんだろうとおもって、母ちゃんとゆうきは

ペットショップへ前進。

ペットショップに到着してみると、父ちゃんとまおの二人のまなざしの

前に、かわゆい、チワワが

父ちゃん「このチワワ、なんかビビってきたんだよ!なんか、

すっごいかわいいんだ」と。

父ちゃんがそんなこというもんだから、まおを見てみると、

目をキラキラさせて、これは買ってくれるかもしれないと

いう期待でいっぱい。

で、私もじっくり見てみると・・・

かわいい

とっても落ち着いていて、ほえないし、なにより

私たちがまわりにいても動じずにゆったり眠ってる。

店員さんに聞くと「この子はほんとおだやかで、どんな

子供に触られてもなくことがないですよ」と。

ん~、わかる気がする。

1時間くらい、店員さんと話して、いろいろ考えた

結果・・・・

「買います!!」と、全く予定外でしたが、本日、我が家

の家族となりました。

で、名前は父ちゃんの大好きなラン(run「走る」)です。

家に帰ってきて、父ちゃんも母ちゃんもまおもゆうきも

大興奮。

20101127-3_convert_20101127230229.jpg

20101127-4_convert_20101127230309.jpg

20101127-5_convert_20101127230419.jpg

特に、ゆうきの興奮ぶりには、ある意味びっくり!!

ずっと、サークルのまわりでランと遊んでいました。

ちょっと、外で遊ばすと、ちょっとはなでなでできたんですが

案の定、ゆうきに毛をひっぱられ、足をひっぱられ・・・。

ゆうきがいるときは、外でのお遊びはしばらく無理そう。

でも、ゆうきも、かわいいことにはかわりないので、

もうちょっと大きくなって、体が少ししっかりしたら

遊べるといいな。

毛を引っ張るので、毛の短い犬がいいかと思っていたんだけど

かわいさにまけてしまいました。

ゆうきも、だいぶ髪の毛ひっぱるのがへってきたので

なんとか、犬の毛をひっぱらなくなるように、

なるといいんだけどな。かんばろっと。

で、興奮ついでに、今日は約2秒ほど自分で立つことが

できました!!

犬のサークルでつかまりだちをしていたら、ランをもっと

みたくて、そのまま、ゆうきがしゃがんだんです!!

今までは、しゃがむことができなくて、したのものを

見るときは、膝をついて、ぺたんとすわってたんですが、

今日は、ランを見ることに夢中だったのか、そのまましゃがん

だ姿勢をとったんです!!

これには、びっくり!かあちゃん感激。

すると、こんどは、体重のかけかたがすこしわかったのか、

そのしゃがんだしせいから、うまく足に体重かけて

立つ姿勢をとろうとしたのです。

なかなかうまくいかず、2秒ほどでしたが、

それでもその後も何度も挑戦していました。

普通の1歳児が、立つ前に挑戦してるみないな

感じです。すごいぞ~、ラン効果か!

ラン、これからもよろしくね!!
スポンサーサイト
2010年11月25日 (木) | Edit |
今日は、ちょっとたまった仕事を処理するために

久々残業。

そんな私を気遣って、ちょこちょこちびちゃんたちの

様子をメールで送ってくれるやさしい父ちゃん。

最近、まおとゆうきがラブラブになってきたみたい。

20101125_convert_20101126001009.jpg

父ちゃんいわく、

「母ちゃんがいると、二人とも母ちゃんのとりあいで

喧嘩になるけど、母ちゃんがいないと、父ちゃんの

ところにくるんじゃなくて、二人で遊ぶ頻度が増えて

きたよ」と。

なかなか、私がいる前では、常に私の膝のとりあいで

喧嘩している二人ですが、今日のように私がいない

時のメールをみると、とっても仲良し。

もっともっと仲良しになってくれるとうれしいな!
2010年11月24日 (水) | Edit |
久々の出勤。

本調子ではないものの、まずまずの調子でした。

夕方、父ちゃんにおねがいして、ゆうきは耳鼻科へ。

中耳炎はだいぶよくなってきたようですが、再度

土曜日に通院するよう指示受け。

父ちゃんが帰ってきて、

「今日のまおは偉かったよ~」と。

我が家がいってる耳鼻科はとっても先生がやさしく

人気なので、この時期はとっても混雑。

で、案の定、ゆうきは待合室でじっとしていることなく・・・。

で、父ちゃんはゆうきをつれて車で待機。

なんと、まおひとりが待合室にのこり、車に待機する父ちゃんに

状況を逐次報告し、名前をよばれたことも報告しにきてくれた

らしいです。

おろるべし、5歳児。

しっかりものだな~。しっかりものも考え物かもしれないけど、

でも、しっかりしてるところは褒めてあげないとね。

褒めると、とっても誇らしげなまおでした。

2010年11月24日 (水) | Edit |
今日は、自然流産してしまった二人のかわいい赤ちゃんの

ために、「水子供養」に行ってきました。

千葉に住み始めて、初めてのお寺。

インターネットでよさそうなお寺を探していってきました。

市川大野の「本光寺」。

6月の一人目のときは、実はそんなこと思いもせず、実家の

母に、「かわりに水子供養にいっといたからね」といわれて、

「あ、そっか」な~んて、気楽に考えていたんですが、やはり

二人目の流産となり、父ちゃんと

「自分たちでしっかりしとかないとだめだね」ということになり。

お供えのお花とお菓子をかってお経をあげてもらいましたが、

命日(6月5日、11月18日)までよみあげてもらうと、

なんだか、赤ちゃんがやっぱり亡くなったんだなと実感して

ちょっと涙ぐんでしまいました。

でも、ちゃんとお経もあげてあげて、やっぱり行ってよかったと

思いました。

最後に、住職さんが、「みなさんに誕生日があるように、このお子さん

の命日も1年に1度やってきます。その日だけは、思い出して手をあわ

せてあげてください」といわれました。

そうですね。大切なことです。

さっそく、手帳にかいておきました。

で、厳かななかに、まおが、わたしたちと同じように手をあわせて、

最後に、三回「何妙法蓮華異教」を唱えてくださいといわれて

となえたんですが、父ちゃんと、まおのハーモニーがおかしくて

おかしくて。

不謹慎なんですが、なんだかふきだしてしまいそうになりました。

最後には、「ありがとうございました」と住職さんがいったら

とうちゃんと一緒に「ありがとうございました」とまおが、

大人みたいにすました顔でふるまっていて、これまたおかしくて。

おそらにいったちびちゃんと私のそばにいるちびちゃんと、

なんとなく幸せを感じた瞬間でした。

帰り、今回のおまいりで、私の数珠をまおが横取りしたので、

せっかくなので、まおの数珠もかってあげました。

それにしても、お経は、小さいころ田舎でよくきいていたので、

聞くと、なんとなく、ほっとするものですね。

さてさて、頭痛もすっかりよくなったので、

あしたからは、仕事仕事。

ぼちぼちいきます(^^)v
2010年11月22日 (月) | Edit |
今日は、仕事行く気マンマンだったんですが・・・

実は昨日の昼すぎからひどい肩こりと頭痛。

ほんと頭痛はガンガンひどくて。

夜、布団にはいってもガンガンしてて、そのまま

朝を迎えました。

朝、おきてもガンガン。

これはどうしたもんかと思って、

でも仕事いこうかな~とおもったけど、

多分、この頭痛、貧血からきてるのでは?と。

ここで、無理して行っても回復おそくなるだけだし、

と、思い返し、本日はお休みすることに。

お休みした結果、昼過ぎまで眠ってたんだけど

2時すぎからようやく、まず、肩こりがとれて

夕方には頭痛もほとんどなくなりました。

まだ、急にたつと、頭クラクラとちょっと頭痛が

ガンガンはのこっていますが、ほとんどよくなりました。

やっぱり、無理して出勤しなくてよかった

明日、一日おやすみすればほぼ回復だと思います。

さ~て、だいぶ心も急速できてきたし、徐々に

がんばりたいと思います。
2010年11月21日 (日) | Edit |
まだまだ、出血の後遺症か長時間たつと頭クラクラなので

今週はのんびりすごしました。

と、いっても、金曜の夜中2時から朝8時までゆうきが

なぜか泣きまくり。

泣きながら耳をしきりにさわるので、もしかしてと思って

午前中は、耳鼻科へ。

やはり、両耳中耳炎でした。

とっても痛そうな写真をとってもらいました。

で、午後はたっぷりお昼寝。

なんだか寝過ぎて気持ち悪いくらい。

日曜日は、午前中はずっとさぼっていた庭のお手入れ。

まおと一緒にがんばりました。

貧血からきているのか、肩がとってもこっていて、

頭痛もちょっとありますが、食欲ももどり、

しばらくさぼっていた食事の用意もようやく再開できました。

ごはんをつくると、まおが

「やっぱり、かあちゃんのご飯はおいしいね」

と、いってもくれると元気百倍です。

さ~て、明日からはまた仕事。

ぼちぼちがんばりますか。
2010年11月21日 (日) | Edit |
頭クラクラ、体ダルダルで布団に寝ている私でも、

ゆうきは許してくれず・・・。

上にのり、顔を舐め舐め、おなかの上でボンボン

ジャンプ・・・。

ゆうきさん、やめておくれ、かあちゃん昨日大量出血

したんだから・・・・・・・・・

と、思ってい・た・ら・・・・

わが家の布団は羽毛布団でふわふわなんだけど、

いつもの、たかばいの姿勢から急にゆうきが両手を

地面から離して立ち上がったのです!!

バランスとれなくて、1~2秒だけだったですが。

その後も何度も挑戦。

自分でも楽しいらしく、ケラケラ笑いながら挑戦

しては、倒れています。

私は横になりながら、ゆうきの体を支えていましたが

最後は、ゆうきの倒れてきた頭に頬を頭突きされて

撃沈。

ゆうき、今日はこれくらいにしておくれ・・・。

でもでも、両手を離そうとしたことにびっくり!!

すごい成長です!

もしかして、立つのももう少しかも!
2010年11月20日 (土) | Edit |
今日は、手術の予定で仕事のお休みをとっていたので

ゆっくりすごしました。

手術は午後の予定で、本来なら朝8時30分までに食事を

すませて、それから午後の2時30分の予約時間まで

食事をいっさいとってはいけなかったんだけど、

自分の感で、昨夜すべて流れたにちがいないと思っていたので

午前中産婦人科を受診しました。

内診してもらった結果、きれいに流れているようで、手術は

しなくてよいとのことでした。

主治医は、

「今回は、残念な結果でしたが、流産という中では、自然な形

で、母胎を傷つけることなく、不幸中の幸いだとおもいますよ。

よかったですね」といわれました。

ほんと、前日だったしね。

ありがと、ちびちゃん。かあちゃん、助かったよ。

ほんとは、お預けの予定だった昼食は、父ちゃんと近所のお店で

デート。

とっても、おいしいお店で、父ちゃんは海鮮丼、私はエビフライ。

単品で牡蠣フライまでつけて、モリモリたべました。

まだまだ、頭クラクラするので、はやく血をふやさないとね。

午後は、おきてるとまだ体がフラフラするので、お布団に横になって

いました。

ちょっと、ぼ~っと、テレビをみてると、先日から報道されている

作詞家の星野哲朗さんのニュースが。

はずかしながら、この方と有名な「三百六十五歩のマーチ」や「男

はつらいよ」などの曲の作詞家だとは全くしらず・・・。

でも、このこの方の歌詞ってすごいですよね。

「幸せは~歩いてこない

 だ~から歩いていくんだね~

 一日一歩、三日で三歩、三歩すすんで二歩さがる~♪

 人生は、ワンツーパンチ、

 べそかき、あせかき、歩こうよ~

 あなたの歩いたあしあとは~

 きれいな花がさくでしょう~」

ほんと、素敵な歌詞です。

じ~んってきます。小さいころからよく聞いた曲ですが。

この方は、本当に苦労だれた方だそうで

生前

「挫折は、人を成長させる、挫折は人を優しくさせる」

と、よくお話されていたそうです。

本当にそうですよね。

そんな挫折味わいたくないなと、できれば毎日楽しく生きていき

たいな~と思う反面、でも、まさにこの言葉のとおりだなと。

私は、自分でいうのもなんですが(照)、割と頑張りやサンかなと。

(すみません、自分でおもってるだけですからね。自己満足です)。

で、割と若いころから、「何でも頑張る!」って感じだったんですが・・・。

逆に、そのおかげで苦しいこともたくさんあったけど、その分

自分自身を成長させてこれた気がします。(ほんと自己満足ですから)

その苦しさって、実際、経験しないとわからないんですよね。

ちょうど、22歳の仕事をはじめたころです。

仕事をはじめたばかりで、もう夜中まで仕事をするなんてざらで。

「やるべきことがあるんだから、がんばるのは当然でしょ」

と思っていました。

そんな毎日を送っていましたが、職場にはお子さんを育てながら

仕事を続けている女性が何名かいて。

私は、採用の時点で管理職的立場だったので、その時点で自分より

年上の方が部下だったんですね。

その方達は、夕方定時になると、お子さんのお迎えがあるから

さっと帰ってしまうんですね。

で、部下ということもあり、相談をきくこともあり(って、私年下

ですが、えらそうですみません)。

やはり、子育てと仕事の両立に悩んでいるんですよね。

遅く職場にきて、早く帰らなければならない分、日中の仕事への

集中力はすさまじく、昼休みも休まずに仕事をして、

夕方5時には帰っているようには見えますが、

こっそり鞄の中には、仕事の書類がはいっているんですよね。

子供が寝付いたあとに、夜遅く家で仕事するんです。

子供が熱をだしたと急にやすむことも多々あり。

母は強しで、ふっきって仕事をされていましたが、

やはり、心の中では、両方満足にできない自分にも、

そして、それを評価してもらえないことにも悩んでいるようでした。

その頃から、女性は本当に大変だなって。

20代前半の小娘は本当に心から思っていました。

そして、自分が子供を産み、同じ立場になった感じるのです。

あの頃の私は、まったくわかってなかったな~と。

わかってたつもりでいたんですが、わかってなかったな~って。

だって、ほんと大変なんだもん。

みんな、よくやってたな~。

私なんて、夜中まで仕事してるって、心の中では偉そうに

思ってたけど、帰ったら、家の掃除はせずに、布団にばったり。

朝は、時間ぎりぎりまでねて、適当に朝ご飯たべて出勤。

休日は、平日の疲れをとるために、寝だめ寝だめ。

自分のことだけやってればよかったんだけど、

ほんと、子供をうんで子育てしながら仕事をして、はじめて

あのときの、女性達の気持ちがわかるようになりました。

本当は、もっと仕事したいと思うときもあるけど、

子供が・・・・。

もっと、子供のことをみてあげたいと思うときときもあるけど

仕事が・・・。

でも、ほんとにこれを経験することで、自分自身を成長させれてる

し、ある意味優しくもなれてるかな(何度もすみません、自己満足

です)。

今日は、だいぶん話がそれましたが・・・・。

先日、高校時代の親友に、流産の報告をメールでしたとき

「なんで、のりちゃんばっかり・・・。こんなに頑張ってるのに」

と、返信してくれました。

なんだか、うれしくて涙がでました。

ほんとね、実は、心で私も思うときあるんですよ。

「何で、自分ばっかり・・・(泣)」って。

でもね、その時は、気づかないけど、その分と~っても自分を

成長させてる気がするんです。

今回、2回目の流産を経験したことで、すこ~しですが

お子さんができない方の気持ちに近づけた気がします。

1回だけでは、「よくあることだし」と考えられますが

2回目となると「もしかして、わたし・・・」となるものです。

これでまた、同じ痛みを経験した方達の気持ちに近づけたのかも

しれません。

2010年11月20日 (土) | Edit |
火曜日あたりから、すこし茶色いおりものがでるように

なって。

19日(金)までに、自然流産しなければ、繋留流産と診断され

手術しなければいけません。

先週、手術の際には、麻酔の話とか、子宮にキズがつくかも

しれない話とかをされていたので、できれば手術は避けたいと。

徐々に、出血量はふえていたのですが・・・・。

午後になり、少しずつ腹痛が強くなり・・・。

トイレにいくたびその量は多くなり・・・。

生理とかいう時限の量ではなくなり・・・・。

15分おきにトイレへ・・・。

夕方、どうしようか迷いましたが、多分1時間半も電車にのることは

とうていできないと判断し、父ちゃんへ電話。

自宅から遠い新宿の職場までお迎えにきてもらいました。

まっている間も、徐々に腹痛は強くなり、出血量も多くなり・・・

周囲の女性には、

「実は、出血が・・・・」と話をしていたんですが、

さすがに、男の人にはグロテスクな話なので、さしひかえていました。

女性といっても、ほとんどが部下なので、

「やすんでてくださいよ・・・」と優しい声をかけてもらってたんですが

なぜか、持ち前の強情な性格なので、笑顔で

「大丈夫だよ~」なんていいながら、

せっかく職場にいるからと、いつもより、ちょっと帰りが遅くてすむので

パソコンをパタパタうちながらお仕事。

自分でも

「ほんと、頑固だよな~」と心の中でおもいつつ、父ちゃんから職場の

前に到着の電話。

なんとか、車にたどりつき出発!

車にはかわいい、ちびちびたちが迎えてくれました。

が、出血は激しくなるばかり。

途中コンビニになんどもたちよってもらいましたが、

最後は、車のシートにひいていたタオルも血だらけに。

さすがの状態に、まおはちょっとひいていて、

でも、落ち着かないととおもっていたのが、

「だいじょうぶ?コンビニのトイレにはやくいきなよ」

と、逆に私をさとしていました(笑)

なんとか、家に到着して、腹痛も激痛へ。

トイレで、何かおおきなかたまりのようなものが最後に

でて、痛みと出血はおさまりました。

20時ころかな?

産婦人科には、かたまりや、腹痛、出血があったら

連絡くださいといわれてたんだけど、その出血を最後に

出血もしているものの、量もおさまり、腹痛もほとんどなく

なったので、こんな時間にいくほどのことでもないだろうと、

家ですごしました。

さすがに、一日であの出血量はすごかったので、鏡で顔を

みると顔面蒼白で、唇真っ青。

立っていると、頭クラクラしてきました。

あのかたまりは、多分かわいいちびちゃんだったんでしょうね。

手術前日に、ちゃ~んと自分の力で流れてきてくれました。

ありがとう、ほんと、かあちゃん思いのちびちゃんでした。

ちょっと、グロテスクな内容の日記でしたが、

これはこれで書き留めておいたほうがよいかと思って。

さよなら、ちびちゃん、ありがとね。
2010年11月12日 (金) | Edit |
今日は、職場で研修があって、東京国際ホーラムで実施された

「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」の一環で実施されていた

ヤマト運輸代表取締役社長の

「ヤマトの満足ヤマト運輸の“満足創造”経営」

といく講演を聴いてきました。

ヤマト運輸といてば「クロネコヤマトの宅急便♪」で有名で

クール宅急便、代引、受け取り時間指定など、その時代時代で

もとめられる顧客のニーズに応えて成長を続け、今ではその確固たる

地位を気づいている企業ですが、その宅配・物流業もそのニーズ自体が

市場で飽和状態となりつついま、さらなる発展のための取組について

お話をされました。

最初は、そんなに興味もわかなく、題名の「満足創造」ということばから

ちょっとありきたりな「顧客満足の話かな」と思っていたのですが、

ヤマトはの「満足創造」は「お客様」・「社会」・「社員」に対して、

常に満足を創造し、提供していくことを基本姿勢としており、

新たなイノベーションの実現を目指しているということでした。

また、より良いサービスを提供していくためには、ITの活用と同時に、

第一線の社員の質をいかに高めていくかが重要だということを話されました。

よく、海外の企業では「社会貢献」がさかんにいわれますが、日本の企業が

「社会」への貢献について、真剣に取り組む姿にまず感動。

つぎに、ヤマトは社員の質を高めるために、「社員」の満足にとりくんで

いるということ。この満足は、給料などではなく、その仕事に対する

「誇り」「プライド」を持たせることだということです。

これって実はむずかしいよな~と思っていたら、講演の最後に

「社員教育の一環でつくったDVDです。社員が仕事をしているうえで

誇りやプライドをもつことができたことの記録です。」

と、いうことで、素敵な音楽とともに、正面の大きな画面に、

現場の社員の経験が文字としてテロップでうつしだされました。

主に、現場の配送Drが多かったのですが、

いくつか紹介します。

ちょっと、音楽がないのと、私のうすら記憶なので

ちょっと感動的ではないですが・・・

①あるDrがビデオとテープを老夫婦の家に運んだところ、

その荷物をうけとったおじいちゃんが、

「申し訳ないが、接続してくれないか」といわれたそうです。

次の配送もあるし、ちょっと困ると思ったんですが、

しょうがないなとおもいながら、セッティングして

確認のために、テープを流すと、そのビデオには若い夫婦と

赤ちゃんの様子がうつっていたそうです。そのビデオをみる

老夫婦をみて、そのDrはとっても幸せな気持ちになった

そうです。

②雪深い田舎に配達にいったとき。

車は奥まではいっていけなくて、車をとめて、

雪に足をとられながら、約10分くらいあるいて

家に到着したそうです。あまりにも、雪がふっていて

10分以上あるいた感じがしたそうです。

でも、玄関にはいると、その、Drさんの2本の長い

足跡をみて、その家のおばあちゃんが、三つ指をついて

「ありがとう」といってくれたそうです。

帰りは、荷物がないのもあったけど、とっても身体が

軽く感じられたそうです。

③母の日のこと。花束を配達したとき。

家のベルをならして、女の人がでてきて

お届け物ですよというと、なんだかわからない様子。

宛名をみて、突然その女の人がなきだして

「息子からのはじめての、母の日のおくりものです」

と。

「今日届けた花の中で一番おおきかったですよ」

というとさらに涙をながされたそうです。

④中越地震ので支援にいったとき、

宅配で配達にいった家の人たちが、自分たちの方が

大変なのに

「本当にお疲れ様、ありがとね。さすがヤマトさん。

水や電気より、ネコが一番はやいね」

といわれたそうです。

まだまだ、いくつもあったんですが、音楽にあわせて

黒い画面に白い文字のテロップがながれるだけなんですが・・・

私、不覚にも涙してしまいました(笑)。お恥ずかしい。

こういうの、弱いんですよ。

でも、映像より音楽と文字の力ってすごいですよね。

わたし、日本生命の同じ手法のCMも毎回泣いてしまう(笑)

って、話はそれましたが

ヤマトの社訓は

「ヤマトは我なり」らしいです。

そして、ヤマトはその物を運んでいるわけでなく、

その思いを運んでいるのだと。

宅配便のDrさんの仕事がほんと素敵だな~っと

思いました。

仕事ってすてきだな~って思いました。

で、日本人ってすごいな~って思いました。

こういうことに感動できる自分もしあわせだな~って思いました。

どんな仕事でも、どんなことでも、それは本当に意味あることなんだ

と。

ん~元気もらいました~!!!!!

わたしも、こんどDrさんにお礼いおっと。

わたしも、こんな素敵な仕事しよっと!
2010年11月11日 (木) | Edit |
本日産婦人科へ受診してきました。

実は、先週金曜日、受診の際、もう胎芽と心音が確認

できるはずの8週であったにもかかわらず、両方確認できず

1週間後にきてくださいとのことで。

9週ですが、先週より胎のうの形はゆがみ、赤ちゃんも6週の

ころから大きくなっていないので、今回も残念ながら・・・。

もう、この時点でのミラクルはないと説明されました。

前回は出血してたので、自然に流産するのをまったけど、

今回は、まったく出血していないので、このままだと手術しない

といけないとのこと。

「お腹の様子だと6週くらいで赤ちゃんがなくなっているので、

おなかの中においておくのは、あと1週間が限度かなと。

出血してくれればいいのだけど・・・・。

」と、先生にいわれました。

ショック・・・・・。

でも、実は、なんとなくわかってたんです。だって、お腹痛かった

もん

2回連続か~。

さすがの私も凹みました。

2回連続・・・・

これって、神様が今じゃないよっていってるのかもな~って

思いました。

割と私、がんばってると思うんだけど

先生に、「2回連続って、やっぱり何かあるんでしょうか?」

ってきくと、「そんなことないとおもうよ。こんな言い方あれ

だけど、運だよ、運。卵の問題だから」って。

歳かな~

でも、実際、ちょっと無理してたかも。

今のゆうきをみながら、赤ちゃんに育てられるかな~って不安

もあったし。

脳の臨界期は、3~4歳。ゆうきの今後のために、今やらないと

いけないことはたくさんあるはず。

ゆうきにかまってばっかりで、なかなかまおの話もきいてあげれ

ていないし。

神様が、今の二人にもっと力を注いであげないさい。今はその

時だよ、っていってるのかも。

さすがの私もちょっと疲れた~って感じでした。

朝一番に病院にいって、そのあと出勤だったんだけど、

ほんと、ひさびさ、仕事やすんで、どこかにブラ~っていきたい

な~って、しばし放心状態。

でも、現実の仕事の山はなくなるわけでなく。

電車にゆられて1時間30分。気持ちも大分落ち着き出勤。

職場にいくと、私は部下をもつ立場なので、気分もしゃっきり。

みんなに、状況を話して、元気にしごとしてきました。

へこんでない?大丈夫?といわれると、さすがに

実際へこんでます。でも、へこんでる暇はないのです。

愛するまおとゆうきのために、やるべきことはたくさんあるので。

この先、後悔しないために、今できることに専念したいと思います。

毎朝、基礎体温はかることにも疲れたし(笑)、たった一年だろって

怒られそうですが(笑)

かわいい赤ちゃんは欲しいですが、しばらく、何も考えず、こうのとり

さんにおまかせしたいと思います。

みなさん、ご心配おかけしました。

でも、大丈夫ですから。(ちゃんと、涙しましたので)。

まお、しばらくこうのとりさんが運んできてくれるのまっててね。

まだ、35歳ですから!
2010年11月07日 (日) | Edit |
今日は、日の出にある「東京ホースヴィレッジ」に乗馬へ。

まおも、ゆうきも絶好調でした。

昨日は、はるてるさんの家にあった「ジョーバ」で練習しまくった

せいか(笑)、二人とも絶好調でした。

まず、最初は、ゆうきから。

二回目でしたが、今日は、はやく馬にのせろとのせろと。

馬にのるとニコニコで、とっても上手に姿勢をとって

なんと引き馬で6周もできました。
DSCF1616_convert_20101107223029.jpg



途中、馬のたてがみが気になってしまいましたが、そこは

うまく、意識をそらしてもらって、上手に乗りこなしていました。

DSCF1619_convert_20101107223316.jpg

DSCF1621_convert_20101107223200.jpg

DSCF1613_convert_20101107224236.jpg

終わった、あとも、まだ、のせろとばかりに、馬小屋の馬をおいか

けまわしていました。

なんだか、動物とのふれあいがたのしくなったの、そこにいた

アヒルもずっと、歩いて(私がうしろからささえていましたが)おい

かけまわしていました。

実は、乗馬ってすごいかも。

ホースセラピーって、当初は半信半疑でしたが、馬にのったあとは、

確実にゆうきの歩行がよくなった印象があります。

今日も、馬にのったときは、かるく膝もまげて、バランスをとり、

馬からおりた後の歩行は、いつも横に大きくひらいた足幅が

ほとんどないくらいに閉じていました。

ホースセラピーの効果はいろいろあるんだろうけど、過緊張がつよく

動物などのふれあいがすきで、バランスをとることが難しいアンジェル

マンにはとっても効果的なのかも。

ちょっと続けてみたいなと思います。

そして、まお。

これも、とっても得意気にのりこなしていました。

DSCF1626_convert_20101107223419.jpg

DSCF1631_convert_20101107223531.jpg


経済的に余裕があれば(笑)(苦)、今度はレッスンさせてあげても

いいかな?

これで、少しずつ自信をつけてくれればうれしいです。

今日は、埼玉の6歳の女の子のエンジェルちゃんも参加。

初めてお会いしましたが、笑顔がとてもカワイかったです。

そして、なかよしのココちゃんとのツーショット。

DSCF1633_convert_20101107223649.jpg
以前は、髪をひっぱってましたが、こうやって落ち着いて写真に

うつると、二人とも成長してるな~と実感しました。
2010年11月07日 (日) | Edit |
今日は、エンジェルママとものはるてるさんのお家へ。

同じ県に住み、エンジェルはる君は6歳、弟てる君はまおと同級生と

いうことで、とっても親近感ありあり。

パパさんは残念ながら仕事で不在でしたが、わが家は一家で

訪問。2時30分から晩ご飯もというお言葉に甘えて(甘えて

しまってすみません)20時30分までお邪魔しました。

いや~楽しかった~&勉強になったな~。

エンジェル君は、もう歩行もしっかりしてて、走ることもできま

す。ご飯も自分で食べられる!!スゴイ!!

意思表示もとってもしっかりしてて。

でも、これはほんと話を聞くとわかるけど、ママの頑張りですよ

ね。自分を振り返って反省するとともに、がんばればはる君みたい

になれると思うと、俄然元気がでてきました。

最近、実は頑張りきれない自分が情けなくて・・・。根性ないな~

なんて思ったりして・・・。

例えば・・・・

ゆうきは、だいぶスプーンを使うことが上手になってきたにも

かかわらず、どうしてもぐちゃぐちゃにされることにたえきれず、

「自分の心の余裕のある、休日だけにしようかな~」とかいって、

ちゃんとスプーンをつかってたべさせなかったり、

せっかく、トイレが上手になってきたのに

「ん~、今日は疲れちゃったから、明日からで・・・」なんて

手を抜いてしまったり・・・。

情けないでございます。

それにくらべてはるてるママのパワーと来たら。

一緒に話して、たくさんパワーいただきました。

よ~し、頑張るぞ~!!!

そして、またパワーがきれたときは、ママともさんたちに話して

パワーいただきたいと思います。

あと、同じ年の姉弟のてる君とまおの話もしました。

障害をもつ姉弟のそだてかたって、難しいですよね。

完璧にはできないと思いますが、できる限りまおに心くばりした

いと思います。

帰り道・・・。

お腹もいっぱいになり、遊び疲れたちびたちは、車の中でぐっすり。

思った以上に、遊んだみたい(笑)

20101106-1_convert_20101107005005.jpg

ゆうきは、パンをくわえながら、爆睡(笑)
20101106-2_convert_20101107005052.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。