--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月29日 (火) | Edit |
教えて、のばす!発達障害をかかえた子ども教えて、のばす!発達障害をかかえた子ども
(2011/09/26)
宍戸 恵美子

商品詳細を見る




先日、購入しました。

ゆうきは、毎週土曜日、近くの病院でPT、OT。

2週間に一度、近くの別の病院でPTを療育として実施しています。

その中で、なんとな~く、マッチングや運動をさせたりするのを

見ていましたが、「これは、発達段階のどのくらいなのか~」

「なんのためにさせているのかな~」といつも漠然と思っていました。

そんな中、この本の以下のページを参照しました。

DSC_0498.jpg

【表出系】正しい口の形できれいな発音を行うことを目的

【受容系】音を聞き取る訓練

【要求系】自分自身の要求を人に伝えられるようにする

今更ですが、なるほど~。

表出系が「正しい口の形できれいな発音」には、正直おどろき。

確かに、口の動きの真似できないと発音できないしね。

そもそも、真似をする(動作模倣)の概念がわからないと、まね

しないのか。

さてさて、今5歳7ヶ月のゆうきで確認。

【表出系】

・まねっこ
 →○「バイバイ、こんにちわ、耳、頭、」はできる。
 →△「口、鼻、肩、足」など、細かい真似、または体の動きが
  悪いことにより、できない動きはまだまだ多い。

・もっとまねっこ(まねっこのバリエーション(言い方を変える))
 「真似してというだけ」
  → △ まだ「真似して」を理解しきれていない。
 「バンザイして」など、動作の種類をいう
  →○ だいたい理解できる
 「真似して」といわず、目の前で動作をしてみる
  →△最初は、何してんの?とキョトンとしてたが、少しずつ動作は
    できるようになってきた。

・口のまね
  → × これは、難しい。口がうまく動かない。以前、おともだちの
     ママが言っていたけど、アンジェルマンの発語がないのは、こ
     の動作ができないことが大きいのではと実感。
     今まで、あまり、口の形などを意識したことはなかったので、
     最近、お風呂で、口の形をつくる練習。
     昨日は、「い」の練習。舌を引っ込めて、歯をくっつけるって
     難しいんですね。

・真似していってみよう
・もっとまねして言ってみよう
  → × これは、ふたつとも発語レベルがまだまだなので未到達。うまく
     絵カードも取り込まないとと思うけど、まだまだ、私の頭が整理
     できていないんですよね。

【受容系】
・物のマッチング
  → △ 正直、これは全くさせていない(^_^;)
      でも、「○○とってきて」はよ~く理解しています。
      同じ種類のものを合わせるが大事なんですよね。
      ちゃんと、練習しよ(^_^;)

・バンザーイ
  → ○ とっても上手にできます

・指示と要求
  → ○ 「片付けて」「お外いくよ」「座って」「これもってって」
      などはほとんどできます。
      もっとバリエーションふやしていこう!って感じです。
・りんごちょうだい
  → ○  私の「○○ちょうだい」はほぼ対応できます。

【表出系】
・指差しのやり方
  → ×  ほぼ、クレーン動作。指差しの大切さをそれほど理解して
      いなかったので、指差し動作を練習させてない(^_^;)
      この本によると、指差しは「最初のサイン・ランゲージ」だとの
      こと。頑張って挑戦させないと。
      やらせないと、上達しないよね。

・うれしい気持ち
  → ○  上手に表現できています。保育園のお母さんたちも、「ゆうき
      くんの言いたいことはほぼわかる(^▽^)」といってくれます。
      言葉はないんですけどね。

・欲しいものはなに?
  → △  言葉での選択は、できませんが、療育で絵カードを使えばできて
       いるようです。

・2つのものから選ばせる
  → ○   本当に欲しいものなら、間違えません(笑)。ただし、マッチングの
       ような課題だと、簡単に間違えます(笑)。

・要求あといくつか
  → △   「あけて」などの私への要求は、だいたいわかります。保育園の
        先生も、だいたいゆうきが何を要求しているかわかるといいます。
        これを、絵カードをつかって伝えることでバリエーション増やせ
        たらいいんでしょうね。


こうやってみてみると、漠然としていた課題も、はっきり見えてきます

ね。

がんばろ!             
スポンサーサイト
2013年01月26日 (土) | Edit |
通勤電車の中、ある自閉症児のお父さんのブログで紹介されて

いた本です。


写真記録 この子らと生きて―近藤益雄と知的障がい児の生活教育写真記録 この子らと生きて―近藤益雄と知的障がい児の生活教育
(2009/06)
城台 巖

商品詳細を見る


以下、そのパパさんのブログから・・・・


昭和25年、長崎県の田平小学校の校長先生をされていた、
近藤益雄先生。知的障がいの子どもたちのための特殊学
級の必要性を感じておられました。そして、口石小学校
にやっと特殊学級が設置されるや、さっそく校長をやめ
て自らその学級の担任を申し出られました。


そうして、できた「みどり組」。他県からも噂を聞いて
入級希望があったり、みどり組の親が転職して行くさき
にはちえおくれの子たちを受け入れてくれる学級がなかっ
たり・・
当時、長崎県にはまだ精神薄弱児施設はひとつもなかった・・
そんな、親と離れて暮らさざるをえなくなった「みどり組」
のこどもたちをあずかり、ともに生活するためにと、古い校舎
に手を入れてできたのが「のぎく寮」です。


この本は、その「のぎく寮」での生活を綴った、詩と写真集です。

「えほん」
えほんを ひらいて
これは うま   これは ぞう   これは きりん と
おさない まごは
はっきり はなせるのに
この子には
ことばが ない
しずかに わらいながら
さるのえだけに
おさるさん と
ちいさなこえで
くりかえし くりかえし いった 


 


「はるは まだあさく 」
はるあさい よるの さむさに
こんな おさない子が
ぬいだ服を まくらもとに きちんと たたみ
そして
ねどこに はいるのである
いつのまにか
こんな しぐさが できるように なったのか
はるは まだあさく こんなに さむくても
中ゆびが いっぽん かけている手の
この おさない子が
その手で
きちんと きれいに たたむのである




「わたしの めをさして」
わたしのめを さして
これなあに と とえば
おじちゃん と いう
わたしのみみを さして
これなあに と とえば
おじちゃん と いう
わたしのくちを おさえて
これなあに と とうても
やっぱり おじちゃん と いう
そして
ふと
ちいさな こえで
おじちゃん すきよ と
いった
ああ
わたしは しあわせ



電車の中で、思わずほろりと涙してしまいました。

この本自体は、まだ、読んだことはありませんが、

時間を見つけて読んでみたいなと思いました。

人って素敵だな~

ゆうきもこんな先生に出会えるといいな~

こんなほんわか、あたたかい環境をつくってあげたい

な~

と感じるものでした。
2013年01月25日 (金) | Edit |
先日、水曜日。

自宅に業者さん&PTの先生に家に来てもらって、

座位保持椅子とカーシートの見積もりをお願いしました。

障害手帳をもらった当初、市の療育相談窓口では、

「ゆうきくんはすわれるから座位保持椅子はいらないよ」

といわれ。

でも、今のPTの先生は、昔、となりの市の療育施設で働いて

いることもあって(今は民間病院ですが)、

「ゆうき君は、確かに座位はとれるけど、お尻がずるりとおち

て、ちゃんとした姿勢がとれてない。今のうちに、しっかり姿勢

をとることを覚えさせて、骨盤をただしい位置に固定させておか

ないと、大きくなったとき、ほかの支障がでてくる」とのことで、

今回注文することに。

あと、カーシートも今は、ジュニアシートを使ってるんですが、

もうそろそろ、ちゃんとしたのを買わないとと思って。

でも、カーシートって、あんまり補助でないんですね。

「キャロット」よりも、いま、とっても座り心地のいいのがでて、

それだと、自費プラス5万円は確実ですねとのこと。

は~。自己負担プラス差額で・・・。

いい値段。

でも、うち、わりと長距離移動するから、椅子はいいのにしてあげ

たほうがいいかもな~。

また、こんどサイズ合わせのときにでも、写真アップできるかな?
2013年01月24日 (木) | Edit |
最近、動作模倣を頑張っている我が家。

頑張っているといっても、ゆうきがなにかしてほしそうなときに

私が、頭をさわったり、耳をさわったり、鼻をさわったり、片手

をさわったり。

耳は上手なんですが、音で反応してしまっているようで、黙って

耳をさわっても、なかなか模倣できないんですよね。

やっぱり、視覚で模倣しているのではなく、音で行動していると

いうことか。

あと「鼻」は、自分の手を顔に近づけるのが怖いみたい。

すこ~し上手になってきましたが。

でも、それ以外の動きをすると

「ん?耳?頭?鼻?口か~????」と次々模倣というより、自分で

考えて手をもっていくゆうき。

この姿がかわいくて(笑)。

とくに、「鼻」は人差し指で鼻をさしてほしいのに、なぜか、親指を

鼻の穴に入れてしまいます。

この時点で毎回爆笑。かわいすぎる。

で、その話を保育園の先生にしたところ、昨日のエピソード。

先生「幼児組でなぞなぞ大会をしていたんです。で、ちょっと、難しい問題

だったんですね。みんなわからなくて、し~んとしてたんです。そしたら○○

先生が『わからなくてもいいから手をあげて』といったら、ゆうき君だけが

しゃき~ん!って素敵な姿勢で手をあげたんですよ(笑)。私、おかしくて、

腹話術みたいに、答えをいったら、○○先生が『正解!!』って。みんなで

盛り上がってしまいました。そのあとも、ゆうきくん、褒められたのがうれし

かったのか、問題のたんびに手を挙げていました(笑)」

かわいいですよね(۶* 'ꆚ')۶

褒められるということが、だいぶんうれしくなってきたように思います。

2013年01月23日 (水) | Edit |
最近、療育や自閉症に関する本、HP等を通勤時間を活用

して読みまくっています。

こうしてみると、ほんと、中にはすごいご両親等もいて、

HPをつくって、成長記録や療育方法を紹介しているものを

見ていると感心してしまいます。

ただ、そのような中で、素敵な保護者の方から受け取れるのは、

そのお子さんを、お子さんらしく、そのまま受け入れいていること、

しかしながら、障害という結果により、生きにくさを抱えるわが子

が、少しでも、その生きにくさがなくなるようにと、ABAやTEACCHをは

じめとする療育に取り組むとともに、地域での活動に積極的に参加して

いる姿です。

また、卑屈にならず、そして、行き過ぎたプラス思考になりすぎず、

辛いものはつらいといい、その中で、今を楽しんでいる。

かわいい我が子のために、何を、いつ、なんのために、どこで、ど

のように行動すべきかを冷静に判断し、そして実際行動されています。

ゆうき5歳にして・・・、「ようやくかい!」とつっこまれそうですが、

「ゆうきのためにどうしたらいいんだ!」「あせってもしょうがない」

「ABAがいいの?TEACCHがいいの?」「でも、実は今やらなければいけ

ないことをなっていないのでは・・」な~んて、アセアセしていた毎日

から、具体的にどうしていこうかという、方向性がようやく見えてきたか

なと。

障害がわかった当初「ご両親がこの子をどのように育てたいかですよ」

と言われたことが、当時はあまりにも漠然としすぎて、「どのように

っていわれてもな~。ゆうきは、ゆうきらしくというかなんというか」と

いう漠然とした回答しかできませんでした。

でも、アセアセした毎日を過ごしてきたことで、ようやく具体的にみえて

きたような気がします(まだ、気がしますですが(笑))。

「アセアセ」や、「どうしたらいいんだ~」と思い悩むことって大事

ですよね。

そう、今年は、ゆうきの小学校進学方向を決めなければならない年。

冷静に、そして、前向きに判断していきたいと思います。
2013年01月19日 (土) | Edit |
さてさて、「メリットの法則」を読んでABAに自分

なりにとりくみますかとおもった私。

まずは、動作模倣から。

ゆうきが何かを欲しがるときにすかさずポージング。

ちなみに、いま、ゆうきは、「ちょうだい」のとき

の両手をあわせて「パチパチ」と、スイッチをつけて

ほしいときの頭を「ポンポン」とさわることしかでき

ません。

では、「耳」といって、何度か私が両手を耳にあてる

と、最初はできなので、正しい動作を「プロンプト」。

何回かやっていると、「耳」というと、耳に手をもって

いきました。

「すご~い!!」と、褒めると得意そう。

ちゃんと、ちっちゃなビスケットもあげました。

でも、何度か繰り返すと、どうも、模倣してるんじゃなくて

「耳」をさわれば、ご褒美くれると思って動作をしている

様子。

そこで、声をださずに、耳をさわるポーズ。最初は「?」と

いう感じでしたが、しだいに「まねすんのか?」みたいな

顔になって、少しずつ真似できるように。

次に、耳に固執しはじめたので、次は「鼻」。でも、顔の正面

に自分の手をもってくることが、どうも怖いよう。

プロンプトのために、ゆうきと手を鼻の近くにもっていくと、

怖がって目をとじます。

ほほ~。こういうのイヤなのね。

と、いうことで、少しずつなれさせたほうがいいのかと、鼻への

プロンプトを繰り返すと、すこ~しずつ、手を顔にあてることに

なれてきた様子。

ふふ~ん。おもしろい。

やっぱり、いろんなことを試すと、その反応で、あたらしい発見

(できることと、できないことがあるもんだな~)。

かあちゃん、ぼちぼちやってみます。

2013年01月17日 (木) | Edit |
メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書)メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書)
(2012/11/16)
奥田 健次

商品詳細を見る




読みました!

いや~、おもしろかった。

ずっと、ABAでゆうきの療育を頑張らねばと思う毎日

でしたが、なんとな~く、概念というか、考え方は

すこしずつわかってきたような、でも、自分ですると

なるとうまくわからないというか。

ABAについて、以前よんだ本。

自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための楽しいABA講座
(2009/05/20)
奥田健次、小林重雄 他

商品詳細を見る


約2年前に、茨城のはるままさんに紹介されて、当時

よんでみたものの、療育というものに、とりくみはじめた

ばかりで、「ふ~ん」程度の私。

最近、すこしずつ、いろんな本も読み始め、ゆうきの成長

も観察しながら、少しずつABAの考え方が理解できてきて

再度、「明るい療育相談室」を読み直すと、目からうろこ。

当時は、「まあ、そう言ってみるのは簡単だろうけど、

やってみるとうまくいかないんだよ、ゆうきは」な~んて

思っていましたが、最近読み直すと

「おおお!なるほど、こういうことか。と、いうことは、

ゆうきの行動にあてはめて考えてみると・・・」という

ふうに変わってきました。

で、行動分析学で有名な奥田先生のすごさに感心しながら、

「メリットの法則」購入。

通勤電車で、2日間でよみましたが、電車の中で

「ほ~~~~」と声を出しそうになりながら、一気によみました。

すこ~しずつですが、概念や考え方、仕組みが理解できてきま

した。

本当は、こんな先生に指導してもらえたら・・・なんて思い

ますが、そんなの、経済的に無理な話。

与えられた環境の中で、ゆうきのために療育を考えるなら

やはり、私自身が勉強するしかないですもんね。

ちょっと調子にのってきたので、すこ~しずつですが、理解を

深めて挑戦していきたいです。

さてさて、次は、こちらをよんでみますか。

行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書)行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書)
(2005/09/16)
杉山 尚子

商品詳細を見る
2013年01月16日 (水) | Edit |
最近のゆうき。

人を選びます。

以前は、母ちゃんべったりだったのに、その時その時で

自分のそばにいてほしい人を選ぶんです。

昨夜は、お風呂あがりの着替えは、まおねえちゃん。

こんなときは、私が、手伝おうとしても手をはらいのけます。

ちょっと、最近おねえちゃんブーム。

先日、お友達一家が遊びにきたときは、そのおうちのママにべったり。

でも、それ以外のときは、

「やっぱり、母ちゃんが一番なんだよ~」といわん

ばっかりに、私にべったり。

ゆうき・・・・。

生き方上手になってきてます(笑)

2013年01月15日 (火) | Edit |
いや~、すごい雪だった。

実は、この雪、なめてかかってて、出かけてしまったの

です。

父ちゃんは、仕事だったので、ちび3人とばあばで。

行きの車の中、「雪ふってきたね~」。

帰り、お店からでるとあたりは真っ白。

30分くらいしか入っていなかったんですが(^_^;)。

これは、やばい、急いで帰ろうと思いますが、急げるわけも

なく。

タイヤ?もちろん普通タイヤですよ。

帰りみち、いろんなところで、スリップしまくりの車が

道をふさいで。

その車をよけながら、なんとか家に到着。

最後、家の前の坂で駐車場にいれるのに、一苦労。

家にいた父ちゃんと二人雪かきして、なんとか車を車庫に。

いや~いきた心地しなかったな~。

ちび達つれて、立ち往生だったら、洒落にならなかったな~。

状況判断大事だね。
2013年01月10日 (木) | Edit |
最近、よるねる前は、ゆうきとげんきは母ちゃんとりあい。

二人して、上にのってきて、「おれとイチャイチャしろ」と

お互いにギャーギャーいいながら取り合い。

私って、モテるのね。

なんて、錯覚を楽しめるわけでもなく、二人を寝かせようと、

ばあばと一緒に悪戦苦闘。

で、大体なぜか、二人同時に、コロっと眠りにつくのです。

兄弟だね~。
2013年01月09日 (水) | Edit |
お風呂あがりに、おむつを振り回して走り回るゆうき。

おいおい、おはきになって。

とおもっていたら、さらにおむつをブンブン。

ん?自分でやるのか?

ちょっと手をそえてあげると、座りながら、悪戦苦闘

しながら、かわいいおしりをプリプリしながら、足を

いれていくゆうき。

かわいい。(۶•౪•)۶

で、もって、すごい!!

パンツを引き上げるのは、ちょっと難しかったけど、

おむつもズボンも介助してあげれば、自分ではけました。

そして、上のシャツも首さえとおしてあげれば、自分で

スポッと両手をだしていました。

お!自分で着替えできるかもね。

2013年01月09日 (水) | Edit |
先日、1月6日、エンジェルの会関東ブロックを開催しました。

今回は、計画から実施まで、すべて自分の計画で。

計画や進行自体は、普段でしていることと大差ないので

そんなに大変だとは思わなかったけど、「みんなが楽しめるように」

という、点では大変頭を悩ませました。

今回は、海外のエンジェルの会に15年前から参加し、お子さんも21

歳になられたお母さんに、いままでの成長の様子や国際会議のお話

をしていただきました。

やっぱり、先輩ママのお話きくと、「自分もがんばんなきゃな~」と、

いい意味で、プラス思考になれます。

ほかでも、やっぱり、先輩ママは、幾多の苦難を乗り越えてきているので

ほんとパワフルというか、おもしろいというか。

体力は消耗したけど、またまたパワーをもらった1日でした。
2013年01月05日 (土) | Edit |
本日より、仕事はじめ。

電車すいてるかな~と、思ったら全然。

みなさん、働き者ですね。私も含めて(*´∀`*)。

な~んて。

さてさて、あとは、6日のエンジェルの会の準備だわん。

のこり2日。急がねば!!
2013年01月04日 (金) | Edit |
さてさて、新春1月3日。

ちびたちは、久しぶりに会うじいじに引き続き大興奮。

もう、67歳じいじは疲労困憊。

と、いうことで、朝からまおとゆうきをつれだして、と。

さ~てどこに行くか。

こいつらを疲れさせなければ。

と、いうことで、新春温水プール!!

午前中は、近所のプールで2時間バッチリ泳ぎました?

歩きました?

ゆうきは、最初の1時間、浮き輪で浮いていましたが、

後半は、母ちゃんにべったり抱っこ。

しんどいんですけど・・・。

さてさて、お昼ご飯に帰ってきて。

午後・・・。

引き続きこいつらを疲れさせなければ。

と、いうことで、1日に引き続き近所の公園へ。

がっつり、1時間遊びました。

その公園でのできごと。

ゆうきよりちょっと小さい子が私たちの近くをウロウロ。

サッカーと野球もどきをしてたので、入りたいのかな?

と思っていましたが・・・。

途中滑り台をしに行くと、やはり、近くに。

ん~滑り台滑りたいのかな?ゆうきが上でとまってたので、

「ごめんね~。先に抜かしてもらっていいよ」というと、

「大丈夫!ぼく、ゆうきくんしってるから!」と。

あら、相変わらず、ゆうきさん有名ね。

「あれ?たかにし保育園?」と聞くと大喜びで「うん!。

ぼくね、ゆうきくん、なれてるよ」ですって。

ようやく、声をかけれたとおもったぼくは、ゆうきより

1歳年下のクラスの男の子だったようですが、その後は、

「ゆうきくん!こっちだよ!」「ゆうきくん!ここものぼれる

かな?」と公園の周りをゆうきと一緒にぐるぐる散歩。

ちょっと、ゆうきは、めんどくさそうでしたが(*´∀`*)。

その途中、ゆうきが、その男の子を強くつかむことがあって。

「ゆうきくん、痛いよ~」と。そして、その子のパパのところ

にいくと、パパがうまくゆうきをかわしていたので、「ゆうき

くん大人には優しいんだね」とコメント。

で、私が「ごめんね、大人に優しいわけじゃないんだよ。僕の

ことも大好きなんだけど、力の加減ができないんだよ」というと、

「そっか。わかった。できないんだったらしょうがないね。ぼく

だいじょうぶ!!」と、その後も上機嫌で遊んでいました。

微笑ましいな~。その子の返事が単純すぎて笑ってしまいました。

かわいい~。

と、思う反面。そのパパと男の子の姿に、新春早々、「ありがたい

な~」と感謝いっぱいでした。




2013年01月04日 (金) | Edit |
1月2日。

早朝、7時に出発。行き先は、印西市民マラソン。

まおと、「印西新春マラソンファミリー1km」に参加。

始まるまで、まお「母ちゃん、私においつけるかな」と

話していましたが、なんとか、今回も母親の面目を保ち

「まお~」と声をかけながら走ることができました。

箱根駅伝同様、強風吹き荒れてましたが、晴天の中、

まおと、新春のいい走りができました。

午後は、初詣。

まおは、「着物きた~い!」とのことで、ばあばに着付け

をしてもらい近所の神社へ出発。

ちょっと浮いていました(*´∀`*)。

でも、女の子ですよね。

25.1.2 (4)

そして、げんき。神社の駐車場にて。

もう、運転手気分!

25.1.2 (2)

その後は、水子二人にも新年の挨拶。

今年も空から家族を見守ってね。

家にかえってから、まおは、大好きじいじとカラオケへ。

たっぷり歌って満喫してきたようです。

そして、ゆうき。

大好きなじいじに大興奮。なぜかわかりませんが、割り箸を

もたせろとアピール。

上手にもっていました。

つかむことはできませんが、箸の先に食べ物をさしてあげると

得意げに、じいじに食べさせようとしていました。

いつも、自分が食べさせられているからか(*´∀`*)。

25.1.2 (1)
2013年01月02日 (水) | Edit |
1月1日。

じいじが石川からやってくる。朝から大興奮のまお。

初詣は、あす以降にとっておいてと。

さて、本日は何をするか。

元旦はみんな家でのんびり・・・・。

さ~て、ゆうきを連れてどこへ行こうか。

お店も動物園もしてないしね~。

と、いうことで、近所の公園へ。

ちょうどあったかかったからよかった。

プラスチックのバットとボール、そして、まおのサッカー

ボールをもっていざ出発。

1時間程度でしたが、公園でゆうきとまおと楽しみました。

なんと、ゆうきは、だいぶサッカーのドリブルが上手なんです。

写真とろうと思ったけど、まおにボールを投げて、その合間に

ゆうきに、声かけてなんてしてたので、まったくとれませんでした(^_^;)

きっと、げんきと一緒にサッカーできそうな雰囲気です。
2013年01月01日 (火) | Edit |
あけましておめでとうございます。

昨年中は、大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いします。

振り返れば、昨年は、げんきの出産にはじまり、まおの

小学校入学、職場復帰など、盛りだくさんな年でした。

げんきも、すくすく成長し、まおもサッカー、習字、水泳と

学校以外でもバリバリ頑張っているし。

そして、ゆうきは、最大のライバルげんきの出現と戦いながら

日々、ゆうきらしく成長してきました。

今年は・・・・。

昨年に引き続き、子供たちが元気に健やかにそだってくれたら

いいかなと。

そのためにも、私自身が健康で、父ちゃんとなかよく、そして、

日々いろんなことを吸収しながら子供たちをとりまく地域の活

動にも積極的に参加していきたいと思います。

今年もよろしくお願いしま~す!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。