--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年07月31日 (土) | Edit |
今日は、千葉県袖ヶ浦特別支援学校で、

6月から通い始めた「静的弛緩誘導法」の夏期集中・親子学習会に

参加してきました。

袖ヶ浦特別支援学校は、家から約2時間のところにありましたが、

ほ~んと、いってよかった。

今日は、9時15分から受け付けして、9時45分から開会式。

10時からグループごの挨拶なんかして、10時20分から約1時間、

「母と子の静的弛緩誘導法」の著者の一人でもある、国立学校法人筑波

大学付属桐ヶ丘特別支援学校の教官の北島敦先生が

「静的弛緩誘導法」の考え方について、お話してくださりました。

話は、とっても壮大で、「人が生きているということは・・・」にはじまり

「生きることとは、他者(社会や、自然を含めた)との交わり」であるとか

「障害」とは、環境とのやりとりや交わりがうまくいかなくなる状態」をいう。

や、「ひろがり」という、ことばについて、お話してくださいました。

このお話をきいていると、このことは、障害の子にかかわらず、人が他者と

交わるときすべてにおいて、いえることなんだろうなと、原点なんだと感じ

させられました。

午後は、「あ」の会 子育て相談所、障害児のことばの研究所所長の小川原芳枝先生

のお話を聞きました。

この先生のお話もほんとうにうなずかされることばかりでした。

1 意識することではじめて認識することができる。

2 気づくことで、意識することができる。

3 では、なぜ気づかないのか?
  
4 大人が思いこんではいないだろうか?
  → この子は話せない
  → 話しかけても反応がない
  → これがこの子の障害
  → 現状を受け入れつつ、なぜ?どうして?を考えない

5 大人が気づかなければ、子供は気づけない!!

お母さんが、いろんなことを気づかせてあげて、子供に認識させる

ことがとても大切だと話していました。

他にも、とってもよいお話がたくさんあったのですが、またの機会

に紹介できればと思います。

でも、今日、びっくりしたことが。

私、全然気づいてなかったんですけど、ゆうきは足がとっても過敏で

今、PTでも、足の裏をよく触ってあげて、そうすれば立てるように

なるといわれてたんですが、その小川原先生が、

会がはじまってしばらくしてから、近づいてきて

「お母さん、この子、左足はいいけど、右足がまだ過敏なのよね」

と。

え???両足では???と思っていたら、

先生がゆうきの左足をやさしくすっと持ち上げると、

キャッキャと、とてもうれしそうでも、足を引っ込めたりしません。

でも、右足をさわると、ヒョイっとひっこめるのです。

ビックリ!!

で、その後、先生が話しながら、

「お母さん、足を触るときはこうやってさわるといいのよ~」なんて

触っていると、あらあら、不思議。少しずつ触る時間が長くなって

いっつも縮んでた指がすこ~し、開いてきたんです。

すご~い!!もう、感動してしまいまして。

で、お昼ご飯のとき。

いつものとうり、ゆうきがバクバクたべてたんですが、

その後も、先生がスススって近づいてきて

「お母さん、この子はほんと、すごいね。笑顔が可愛くて、舌の使い方も

とっても上手で、たくさんたべてるね~。でも、ちょっと、食べさせる前に

話しかけてみよっか。どれがいい?とか、お水にする~とか。で、それで

あってたら、お水がほしかったんだよね~とか、話しかけて。この子わかって

るからね。そうやって、お母さんが、話しかけて、それに答えてまた、話を

すると、少しずつ、声を出すようになるから。もっと、もっと声をださせて。

そうしたら、発語にもつながるよ」と。

離れたところで、ご飯をたべていたにも関わらず、じ~っと観察してくださった

ことにも感動し、また、私の足りないところも言い当てられて、いや~

感動しました。

これまた、この先生が話しかけると、ゆうきもなんか、答えるんですよほんと。

あと、2名の講師の先生のお話以外のときは、特別支援学校のボランティアの

先生が1対1で、ずっとつきっきりで、静的弛緩誘導法をしてくれるんですけど、

朝、10時から15時まで、足や身体中を触られたゆうきは、不得意の右足も

だいぶん平気になっていました。

いや~、ほんと勉強になったな~。

なんか、人間として、成長させられた1日でした。

明日も、朝10時から15時まで。

ぜひぜひ、エンジェル君たちもたくさんの人が

ためしてみて欲しいなと心から思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。