--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月04日 (土) | Edit |
エンジェルママとものココママが以前ブログで紹介してた

「洋平へ~君の生きた20年と、家族の物語」という本を

読みました。

素敵な本だったな~。

涙が止まりませんでした。

文字の力ってなんでこんなすごいんでしょうね。

自分の気持ちを文字で表すって、とっても難しいと思うん

だけど、この本の著者であるご夫婦の暖かなお話には

本当に心がじ~んとしてしまいました。

3人お子さんがいらっしゃるのですが、その3人ともが

障害をもっていて、そのお子さんとの家族の物語として

書かれてるのですが、その話がほんとうんうんとうなずかされる

のです。

本の中で、某ラジオ局の取材を受けたとき、幼い女の子の母

でもある取材担当者が「幸せだと感じたはじめたきっかけ」を

教えてくれと何度も聞くんだそうです。

そして、

「上司がいうんです。子供が三人とも障害児で、幸せなはずは

ないって。障害がわかったときはショックだったわけでしょ。

つらいことが幸せに替わるには、よほどの大きな出来事があった

はずです。それを聞きたいんですと。」

でも、著者さんは、そんなのないってと。

わが子が障害を持っていたショックから、大きな感動な出来事一つ

で立ち直るなんて、そのほうが絶対不自然じゃないか。事件など

ない平凡な日々の積み重ねが、非凡な人生をていねいに包み

込んでくれると。

そして、

「私は障害児の親になれてよかった」と。

ただ、そうは思いながらも

「この子たちを障害なく産んでもあげたかった」と。

なんだか、じ~んとしました。

そうなんです。私も最近本当にそう思うんです。

あ~、ほんとこの子達の母親になれてよかったな~って。

でも、なかなかこの気持ちって、こういう状態にならないと

わからないですよね。

だって、以前の私もこの質問した記者さんと同じように

思ってたから。

「何で、テレビにでてる、障害をもっている子たちの

お母さんたちは、あんなに明るくて、前向きなんだろう?

頑張ってるからかな~」なんて思ったりもしていました。

でも、違うんです。ほんと毎日幸せなんです!!

この気持ち、なかなか表現できないな~。

そんな気持ちを著者さんは、とってもわかりやすく

うなずけるように表現されています。

ん~、素敵な本だった。

この本を手に、涙できる今の自分って、本当に幸せ

だな~って思いました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
洋平へ、いいでしょ。
どーんと受け止めてる感じが、すごく好きです。

素朴な疑問に対する、いろんな思い・・・も共感しますよね。
幸せだと思い始めたきっかけも、弟にとって障害あるお兄ちゃんがいることについての意味をたずねられたときのエピソードも。

人生って、子どもの障害とか病気とかだけじゃなく、すべてにおいてそうだと思うんですよね。
離婚とか、死別、自分の病気、仕事、友人関係・・・いろいろあるけど、どれだけ受け止めて、受け入れて、自分の弱さも強さもすべてひっくるめてうけおって、生きていくのか。

そういうことを改めて考えさせてくれて、子どもには感謝、なんですよね。
2010/09/05(Sun) 22:46 | URL  | ココママ #-[ 編集]
ココママへ
うん、とってもよかった!
また、紹介してね!
楽しみにしてます。
2010/09/06(Mon) 21:54 | URL  | ゆうきママ #OBG9qR1w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。