--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月11日 (金) | Edit |
最近、ババが実家に帰って以来、保育園のお迎えはゆうきママのお仕事。迎えににいくと、時間も遅いので、チビチビたちは、いろんなクラス合同のお部屋で待機。子供たちは、本当親の顔を覚えるのがはやくて、あ、○○ちゃんのママが迎えにきたよ~と一斉にに話します。そんな中、大きいクラスの男の子2人くらいは、必ず私がゆうきを抱いてると、「なんで、このこは、何にもなくてもよく笑うの?笑いマンだね」と話しかけてきます。そして、ゆうきに「わぁ!」と声をかけてみて、そしてゆうきは予定どおり大笑い。そして男の子は「ほらね、笑いマンだ」といってさっていきます。なぜ?ときかれて、「お兄ちゃんに遊んでもらえてうれしくて、楽しんだよ何でも楽しいんだよ」と答えます。そう答えながら、ちょっと胸が痛くなります。腹がたっているとか、ひどく傷つくとかそういうのじゃなく胸がいたく、人にはわからない程度で、目に涙がにじんでいます。子供たちは感じたことを素直に聞いているだけで、その言葉には悪意はありません。でもなんどきかれても、顔は笑顔
ですが、胸が痛むのです。ちょうどそう思っていると、ゆうきパパが昨日の夕食のとき、「最近さ、朝、車を走らせて、特別支援学校の前(すごく近所にあって、ゆうきはここにかようんだろうと勝手にパパもママも決めてるところ(笑))とおると、せつないんだよね。ゆうきがかわいそうとか、悲しいとかそういうのじゃなくて、なんていっていいかわからないけどせつないんだよねぇ」と。そうなんだよね、パパ。ゆうきママには、その気持ちよくわかる。ゆうきパパがパパでよかったなぁ、わが家は素敵な家族で幸せだと思った1コマでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とっても同感!!
分かる~。その気持ち!

なんて言っていいのか・・・だね。

うちもあらたんの障害100%受け入れてる。
周りがどんな目で見てきても、ニコニコのあらたんを見てみて~って感じ。
でも、ふっとなんか寂しい気持ちになったり、悔しくなったり・・・

う~~~ん。やっぱり表現の仕方わからんね。

笑うマン・・・怒るマンじゃないんだもん。いいことよん!!


「怒ってるより、泣いてるより素敵なことでしょ!
ゆう君はいつも、ニコニコでいることは素敵なことでしょ~。
お兄ちゃんは笑えないの??
楽しくない事ばかりなの??
寂しいね~。」

といっちぇえ~い(^^)

我が子たちは貴重な素敵な子たちなんだよ!
悲しくならないで!!自慢しよ~ぜ!!
2009/09/14(Mon) 08:34 | URL  | あらたんまま #-[ 編集]
あらたんママへ
ありがとう!あらたんママ。なんだか気持ちをわかってもらえるだけでもほんと元気になります。ゆうきはほんと自慢の息子で、毎日ちゅーちゅー攻撃をしてしまいます。ゆうきのおかげでいろんなことを考えさせてもらって、あらたんママみたいな素敵な人にも出会わせてもらって、ゆうきサマサマです。
2009/09/14(Mon) 18:04 | URL  | ゆうきママ #OBG9qR1w[ 編集]
久しぶり
この文章を読んで、目に涙がにじんできたわ。
私はゆうきを育ててるわけじゃないから、
あんたの気持ちはわからないけど、
その切なくなる気持ちは親としてわかる気がする。
本当にゆうきママとゆうきパパは
あなたたちでよかったと思うよ。
2009/09/16(Wed) 04:06 | URL  | 近藤  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。