--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月05日 (月) | Edit |
現在、毎週土曜日に、近くの総合病院でSTとPTを受けています。

保険適用で受けれるのが魅力なんですよね。

約30分ずつなんですが。

PTは、ブランコしたり、体いっぱいつかうので、とってもゆうき

も楽しんでいます。

で、STはというと。

新米の若い先生で、いまいちゆうきの要求を理解できていないと

いうか。

でも、一生懸命ではあるんですけどね。

私もSTみながら、思うところがあったんですが、一か月くらい

様子をみていて、これはだめだと。

だめだ、というのは、もう、ゆうきがすわってSTすることを拒絶

しているのと、先生のいうことをまったくきこうといていないため。

ゆうき、人みてますからね~。

で、前回、先生に

「先生、ゆうきにはこの訓練あってないと思います。型はめにしても

こんな楽しくないのに、何回も繰り返されたら、ふつうのこども

でもいやになりますよね。やっぱり、ゆうきにあわせて、ときおり

ご褒美もあげながら、楽しみながらでないと・・・。

ゆうき、まだ、音のなるものや光ものが好きなので、そういのを

うまくつかわないと・・・」

と。

先生自身も、なかなか経験不足だと自分でも認識されていて、

上司の方とSTの方針について、相談すると。

と、いうことで、前回の土曜日は、経験豊かな上司の方がゆうきの

STをしてくれました。

すると・・・

最近は、5分くらいすわっているのがやっとのゆうきでしたが、

ちゃんと30分すわってSTできました。

やっぱり、導入とか、おもちゃだすタイミングとか、全然違うん

ですよね。

で、STおわった後に、その方と面談。

私のSTに対する意見として

1 アンジェルマン症候群は発語はほとんどないとされている。

それを理解していただいたうえで、発語はあってほしいにこした

ことはないけど、それより、いろんな手段で意思表示をできるよ

うにしてほしい。

2 ゆうきは、理解力は非常にあると思っているので、もっと、

楽しく理解できるように、訓練を工夫してほしい。集中力がない

ので、短時間で遊びをかえる、または音のでるものを多く使うなど。


の大きく2点を伝えました。

まあ、話の節々で、やはり指導者してくれる先生の経験不足もあると

はっきりといってはいないのですが、その上司の方も理解してくだ

さったようで。

でも、その上司の方が

「ただ、できれば若い指導者が育ってほしいので・・・」と。

そうなんですよね。経験不足は経験を踏まないと。

でも、ただがむしゃらに経験つむだけではだめだと思うのです。

と、いうことで、私からは

「私もこういう障害をもった子どもを指導してくださる方は増えて

欲しいとおもってますし、経験も必要だと思います。ただ、経験

させるには、指導も適切にしていただきたいなと。できれば、

定期的に、補助に入って指導していただけたら・・・」

と、お話したところ、その上司の方も

「ありがとうございます。では、今月は少し時間をいただいて、

すこし、対策を練りたいと思います。で、来月から、しばらく

私が補助に入るという形でどうでしょう」

と、提案を受けました。

いや~、いってみるもんですね。

よかった、よかった。

自分でも、ABAなんかも勉強しつつあるけど、やっぱり、

専門の方のアドバイスも欲しいし、ヒントも得られますからね。

来月から、また新米先生とがんばってSTとりくみたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。