--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月10日 (土) | Edit |
これで、40週5日。

朝、気配ないけど、あんまり気にしないでおこっと言う気持ちで

保育園へ。

相変わらず、会う人会う人に、「あれ~、まだ~?」な~んて

いわれながら

「まだなんです~」と。

今日うまれないとなると、明日・・・・。

閏年のうるう日の明日だけは避けたいな~なんて、担任の先生

とたわいもない会話をしながら家へ帰宅。

すると・・・・。

トイレにいくと、おしるしが!!!!!!(朝9時ごろ)

きた~!!!!!!!

まあ、おしるしが来たからといってすぐ産まれるわけではないん

だけど、近いことだけは間違いない。

で、振込、買い物などなど、必要なことはすませておかないとと、

父ちゃんに運転をお願いして、振込実施(10時ごろ)

すると、次第にお腹が痛くなってくる。

15分間隔から、もう、10分間隔。

父ちゃんと、

「閏年をさけてこの昼間にうまれるとしたら、いい子だね~」

なんて盛り上がって帰宅。

お腹は痛いんだけど、この痛みでは産まれないな~。

でも、痛くなる間隔は短くなってるし・・・・

3人目だと早くうまれるっていうし・・・。

と、いうことで、一応産婦人科へ電話。

私「一応10分間隔ではあるんですが、まだ痛みが弱いというか・・・。」

病院「3人目だと、すぐ何があるかわからないので、すぐ病院きてください」

私「でも、まだそんなに痛くないんですけど・・・。行った方がいいですか?」

病院「はい、今すぐきてください」

と。

過去の経験からいって、子宮口が開くのが遅いし、まおのときは

病院いってから、陣痛おさまってしまったし。

で、ゆうきのときは、おなか痛くなってから、掃除して洗濯して、

もう限界というところで病院いって、ようやく子宮口4cmだったし。

あんまり、今の段階で病院いきたくないんだけどな~。

と、想いましたが、来いといわれた以上病院へ向かうことへ(11時頃)。

病院に到着して、まずは内診とNST。

軽い陣痛はきているみたい。

でも、内診の結果子宮口は1cmしか開いておらず。

えーーーー、1cm!!!

ここから長そう(泣)。

3人目だということで、即、入院が決定。

でも、病室が満室だということで、外来のベットで横になりながら待機。

私の経験だと、横になると、陣痛が治まる。

と、いうことで、なんとか今日の昼間に産んでしまいたい私は、

病室の中でフラフラ散歩。

痛みはすこ~し強くなり、間隔も3分までいくものの、

「この痛みじゃ産まれないよな~」と。

時間はすすみ、はや、夕方の5時。

あ~、昼間の料金すんだじゃ~んな~んて思っていたら・・・・

あれ?????

あれれれれ???????

おなか痛くない。

痛みおさまってるじゃ~ん。が~ん。今日産まれるつもりは

ないということね。

と、意気消沈。

ん~、暇。暇すぎる。外来ベットにいるからテレビも見れず、

暇!!!!!!!

帰りたい。

助産師さんに「帰りたいんですけど」っていうと、

「経産婦さんだから、いつ陣痛おきるかわからないから

今日は入院して。明日になっても陣痛起きなかったら退院して

もいいよ」との返答。

は~、今日一晩、この外来ですごすのか~。

って、今日生まれなければって、明日うるう日なんですけど・・・。

ま、いっか。

と、いうことで、父ちゃんにパソコンをもってきてもらって、

夜はDVD鑑賞。

スマホで検索。

「前駆陣痛」

これが、前駆陣痛というものだったのか。

ネットによると、前駆陣痛が2週間続いた人もいるらしいとの

こと。

この痛みで産まれはしないと思うけど、この痛みが2週間続く

と思うとぞっとしてしまう。

はああああああ。

早く産まれてくれないかな~と思いながら眠りにつきました。

(夜12時ころ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。